すべての製品一覧

デモ・製品のお問い合わせ

世界で初めて天秤式摂餌量測定装置を販売実用化!近年注目されている研究テーマ認知症・生活習慣病・メタボリックシンドロームの研究に活用していただける実験機器を製造販売しております。

糖尿・肥満・内分泌実験

摂食飲水行動量測定装置

マウス・ラットを用いた肥満・糖尿病などメタボリックシンドロームの研究やサーカディアンリズム測定・TGマウスなどのスクリーニングに最適な「摂食」「飲水」「行動量」の3パラメータの同時測定を行えるシステムです。

詳細はこちら
運動量測定装置
低コストな2cmピッチのビームセンサー方式で透明ゲージに取り付けるだけ

個体間比較できるビーム方式が特徴。低コストなので多チャンネル同時測定に最適です。設置も透明飼育ゲージに取り付けるだけで、お使いいただけます。

詳細はこちら
ダブルアクティビティーモニターシステム

ランニングホイールによる回転数・距離・速度赤外線ビームにより個体間比較可能な運動量が1台で測定可能!

詳細はこちら
赤外線行動量センサー
動物体温による放出赤外線検出型の自発運動量センサー

発光などの物理的出力のない完全受動型センサーを採用し、チャンバー内の動物の動きを数値化することで、活動量を測定します。

詳細はこちら
呼吸代謝測定用マウス摂食量測定装置
呼吸商と摂食・運動量をこの一つで

呼吸商と摂食・運動量を同時に測定できるシステムです。オプションを追加することで、飲水量や回転カゴによる運動量の測定、時間や量での摂食制限も可能です。

詳細はこちら
マルチフィーダー
正確な一日摂取量を測定できます。

弊社独自の形状により、糞、尿の混入や餌がケージ内へ持ち出される事を最小限に抑える事ができ、且つマウスの摂取量を低下させないため、より正確な摂餌量が測定出来ます。

詳細はこちら
マウス用フィーダー
数日間の摂食量測定や複数匹の測定が可能な大容量タイプ

糞や尿の混入や食べこぼしは最低限に抑えることができるため、正確な摂食量が測定可能です。

詳細はこちら
ラット用摂食量測定ボックス
ラットの摂餌量を正確に測定

ラットの摂餌量を、電子天秤等を用いて正確に測定できるボックスと餌箱のセットです。

詳細はこちら
ドリンクセンサー
ラット・マウス両方に使用可能

安価で精度の高い測定を可能にした飲水量測定装置です。

詳細はこちら
マウス・ラット用微量飲水量測定用給水瓶
飲水量の測定をお手軽に

比較的短時間の微量な飲水量を測定できる給水瓶です。

詳細はこちら
ドリンクセット
一日の飲水量を天秤などで手軽に測定

専用ノズル、W金具、チューブ、チューブジョイント、点滴セットがセットになっています。

詳細はこちら
小動物用温度調節機能付チャンバー
脂肪の研究、疼痛モデルの作成に

筋繊維性疼痛モデルの作成や、脂肪代謝の研究において近年注目されている低温飼育に利用することができます。

詳細はこちら
実験動物用代謝ゲージ
排泄の瞬間に尿及び糞を分離

尿と糞を瞬時に分離し採取する事が出来、安定した採取が可能です。

詳細はこちら
ラット・マウス自動血圧計
簡単にラット・マウスの血圧を測定

動物をポケットに入れて測定しますので、ストレスの少ない状態で保温、測定ができます。

詳細はこちら

鎮痛実験

Von Freyセット
架台とセットになってより使い易く

痛みの評価できます。架台とセットになってより使い易く特注も可能です。

詳細はこちら
小動物用温度調節機能付チャンバー
脂肪の研究、疼痛モデルの作成に

筋繊維性疼痛モデルの作成や、脂肪代謝の研究において近年注目されている低温飼育に利用することができます。

詳細はこちら

薬理実験

迷路
動物の稼動域は光反射の少ないマット素材を使用

基本色としてマウス用(グレー)ラット用(黒)をご用意しております。お客様のご要望により、サイズ・色などカスタマイズが可能です。

詳細はこちら
迷路セット
Y字迷路、高架式十字迷路を画像解析できます

セット内容:迷路、SMART3.0、ノートパソコン、カメラポール、Webカメラ

詳細はこちら
鼻部吸入暴露システム
コンパクトな設計で、ラット・マウスの呼吸実験可能。弊社オリジナルの給排気システムで、少量のサンプルで実験可能です。
詳細はこちら

モデルマウス作成(アレルギーモデル)

鼻部吸入暴露システム
コンパクトな設計で、ラット・マウスの呼吸実験可能。弊社オリジナルの給排気システムで、少量のサンプルで実験可能です。
詳細はこちら

モデルマウス作成(社会性ストレスモデル)

コミュニケーションボックス

純心理的なストレス刺激により、社会的ストレスモデルを作成。

詳細はこちら

モデルマウス作成(線維筋痛症動物モデル)

小動物用温度調節機能付チャンバー
脂肪の研究、疼痛モデルの作成に

筋繊維性疼痛モデルの作成や、脂肪代謝の研究において近年注目されている低温飼育に利用することができます。

詳細はこちら

デモ・製品のお問い合わせ

知人にサイトを教える

デモ・製品のお問い合わせ