8方向放射状迷路

デモ・製品のお問い合わせ

8方向放射状迷路

作業・参照記憶の測定に利用できます。アームの先端に餌を配置し、すべての餌を獲得する時間と、正選択数、誤選択数(アームへの進入)を測定します。

マウス用

アーム長300(mm)*アーム幅85(mm)*H625(mm)

ラット用

アーム長500(mm)*アーム幅120(mm)*H675(mm)

実験プロトコール例:
放射状迷路では、空間作業記憶(短期記憶)と空間参照記憶(長期記憶)の検査が可能です。
8つのうち4つのアームの先に餌を置きます。その後、迷路の中央に空腹状態のマウス(ラット)を置き、
餌のないアームへ侵入回数、全ての餌を食べ終わる時間を空間認知機能の指標をします。

【関連】 行動解析 空間記憶 空間記憶試験 ラジアル迷路 ラジアルメイズ 8方向迷路 放射迷路

デモ・製品のお問い合わせ

知人にサイトを教える

デモ・製品のお問い合わせ